花のある暮らし素敵だな。ケーキのある暮らし楽しいな。

それはずっと昔の盛岡の街のバレンタインデーの前の日のこと、レシピ本片手に、チョコまみれになって、格闘している女の子がおりました。
昼が過ぎ、夜が来て、そして夜が明けて・・・
大好きな男の子にあげるはずのチョコレートは、まるで得体の知れない物体に。
さてさて、その後は一体どんな展開が訪れたのかはご想像におまかせして、今の彼女は、お菓子が作れるお母さんになりたい!を実践して、ちょっとばかり腕のいい、おしゃべりの大好きなお菓子教室の先生になりましたとさ。

私は、東北の小さな街、盛岡で生まれ、育ちました。
冬は厳しく、梅と、桃と、桜がゴールデンウィークの頃、いっせいに咲き始め、短い夏が過ぎるとやってくる長い長い真っ白の季節。
縁あって全国区の転勤族と家庭を持ち、一歩もでなかった街を出て、東京、横浜、京都、和歌山、沼津に13年間暮らしてきました。
梅と、桃と、桜は咲く季節が違うことも、冬に真っ赤な山茶花が咲くことも、初めて知りました。

そんな私が盛岡で開いたお菓子教室。
お菓子と一緒に紅茶も楽しんでいただきたくて日本創芸学院紅茶コーディネーターを取得しました。
故郷岩手の味を知りたくて日本ベジタブル&フルーツマイスター協会ジュニアベジタブル&フルーツマイスターも取得。
そして2008年2月には、ベジタブル&フルーツマイスター(野菜ソムリエ)、2009年12月にはシニア・ベジタブル&フルーツマイスター(上級野菜ソムリエ)の合格通知をいただきました。

私たちをとりまく食の環境は、単なる栄養だけではなく、様々な要因が健康に関わってくることを伝えていかなくてはなりません。
心の健康があってこそ、寿命まで健康で過ごせる、そんな思いを胸に、色々な分野とコラボレーションし、食を伝えるスペシャリストとして歩んでいきたいと思います。

私が主宰するお菓子教室「アトリエ Afternoon Tea」は、盛岡駅徒歩10分です。

新着記事