野菜大好き!を聴く なんじぇら?イメージソングを聴く
クリックで救える命がある

野菜ソムリエになろう

Search


Archives

2009年02月07日

三陸おのやのやわらか煮魚

三陸おのやの煮魚に、高齢者向きの、やわらか煮魚シリーズが仲間入りした。

おのやのさんまの卵とじ日本人の食生活が変わってしまった原因の一つに、下処理の大変な魚離れが起こり、焼くだけ簡単の肉に移っていったことも決して否めないだろう。
ほとんどの物を作ってきた私の母でさえ、最近は、私が東京で家族と暮らしている月の10日間程度は、どうやら、自分一人なんだから、何にも食べなくていいや、という気分になるらしく、きっと元気な高齢者も、こうして食事が不規則になっていくのだろうか?と思ったりする。
そんな中で、骨までとろとろの、おのやの煮魚は、高齢者だけでなく、骨があるから苦手という子ども達にも手ごろではないだろうか。
魚好きにすれば、少しばかり魚の持ち味ともいえるクセが薄くなるのが残念だが、食べやすいと言えば食べやすい。
これは、温めるだけというシンプルさが、どんな忙しい主婦にも一番嬉しいところかもしれない。
少し多めのタレを利用して、サンマのみぞれ煮で、卵とじにしてご飯にかけてアレンジしてみた。
魚ならたっぷり食べても大丈夫と思いがちだが、実はこの程度40gはほど良いサイズだ。
サバの味噌煮はタレが多かったので、大根を茹でて添えて一緒に味噌を使いきった。
そのままでも、アレンジもきく、三陸おのやの煮魚シリーズ。
やわらかシリーズは450円。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(シニア野菜ソムリエ(上級野菜ソムリエ)が贈る食のお話 にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form